投稿日:

重症のハント麻痺になった話(2):顔面神経原価術をした

前回に引き続き、顔面神経麻痺になり1度入院。重度だと判明して転院してからのお話。

※この記事は、私の体験記です。いろんな情報を調べましたが、専門家ではないので参考程度にしてください。

私の体験:転院から手術まで

16日目:専門の病院へ転院

最初の病院ではもうお手上げということが分かり、私の住んでる地方では唯一顔面神経麻痺の手術が出来るという病院へ転院。

私は最初あまり調べず近所の病院に行ってしまったが(その病院もステロイド点滴+抗ウィルス剤の治療で、間違ってはいなかったが)、何の病気でもよく調べてから行く事をオススメする。

参考→病院別 顔面神経麻痺の治療実績
※この情報も絶対に正確だとは言い切れません。自分で調べて納得してから選んでください。

言えるのは、最初に駆け込んだ病院で質問に答えてくれなかったり、何か不審点を感じたらなるべく早く他の病院に移り、治療を始めるのがいいということ。

私は1度目の退院からステロイド投与はしていなかったが、中断しないほうが良いとのことで即点滴を再開した。この病院に転院してよかったなと思うことは、周りにも同じ顔面神経麻痺の患者さんが入院されてて、自分ひとりでないという心強さがあったことだ。

17日目:マッサージの指導など

専門の病院に移った事で、詳しくマッサージの仕方などを教えてもらう。

昔は通電などをする病院もあったが、むしろ顔面拘縮を起こしてしまう事が分かったそうで、無理に動かさず指で軽くマッサージするのが良いのだそうだ。

また瞼が閉じられなくなると目が乾いて、角膜に炎症や穴があく危険性もあるので、目薬を頻繁に指すこと、眠る時軟膏を塗りガーゼを貼るよう指導された。

23日目:顔面神経原価術とは?

この病院でも、筋電図の結果が0点、顔面神経麻痺評価法によるスコアも0点だったわたくし。ネットを調べても、ここまで点数が低い人はなかなか見つからなかった。

手術の説明では、耳の後ろを切開し骨管周囲を削って、炎症を起こして腫れている顔面神経への圧迫を取り除くことで、症状が軽減されるとのこと。

手術については賛否両論があるようなので、手術を勧める=良い病院とは一概に言えない。これも納得のいくまで調べた方が良さそうだ。

私は、後悔が残らないように出来ることはやろうと思い、手術に同意。
手術もなるべく早くしたほうがいいそうだが、私の場合予約がいっぱいで結構遅くなってしまった。

24日目:手術前

手術前日は、手術に備えてMRIなどの検査、入浴、夕食抜き、荷物や貴重品の整頓をした。
これも、看護師さんがいろいろ指示してくれるのであまり不安はなかった。

25日目:手術

看護師さんの指示通りに採血・血圧検査などをし、手術着に着替え手術室に入る。

麻酔をしてもらってからは全く痛みも感じず、起きたら病室に運ばれる途中で「終わりましたよー」と言われた。5時間に及ぶ手術で、耳の後ろを切開し骨管周囲を削ったとのこと。

手術後1日は起き上がれないため、尿管カテーテルを膀胱に差しているのだが、それがちょっと痛んで気になる。とりあえず眠る、気が紛れる事を考えるなどして時間が経つのを待つばかり。

それ以外は耳の切開部分も痛まず、私にとってはあまり苦痛のない手術であった。

周りの患者さんに聞いてみたら、耳が痛い、頭痛がするという人も居たが、苦痛が少ないという人が比較的多かった。

26日目以降:手術後の痛みなし。眠気だけある

違和感のあったカテーテルを早速抜いてもらい、トイレへ。
その他は痛みがなく、おかゆ中心だったが食事もよく摂れ、よく眠った。

それ以降は退院まで、ひたすら以下が続く退屈な日々。
・抗生剤の点滴
・抗アレルギー剤
・顔を温め、マッサージ

 

↓続きはこちらから

「重症のハント麻痺になった話(3):発症から2ヶ月」に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA